カフェ

ドトールでポイント稼ごう!還元率!おすすめ3選

買い物先ごとにポイント還元率をランキング方式でご紹介するサイトです。

今回は、「ドトールコーヒー」でのお会計で相性ピッタリな支払い方法をランキングしていきます。

利用可能なキャッシュレス

ドトールで利用できるキャシュレス決済は次のとおりです。

※一部店舗で利用ができない場合があります。

PayPay LINE Pay 楽天Pay d払い
×
au Pay メルペイ iD QUICPay
Suica 楽天Edy nanaco WAON
× × ×

◆その他の情報

クレジットカード 利用可能「〇」
独自ポイント ドトールバリューポイント
[ドトールカードにチャージ・決済時に貯まる]
来店ポイント dポイント
[200円(税込)=1P]
(※ドトールカード決済時は対象外)
公式アプリ あり
主なアプリ
機能
ドトールバリューカード連携
[決済・チャージ・残高確認]
アプリ
おすすめ度
[5点満点/5点]

※ドトールバリューカード利用の場合

 

高い還元率!おすすめ3選

ドトールでは、来店ポイントに「dポイント」が、還元率0.5%「200円(税込)=1P」で付与されます。さらにキャッシュレス決済のポイントと合わせてダブル付与となります。

また、ドトール独自カード「ドトールバリューカード」(以下、ドトールカードと呼称)は、ポイント還元率は破格の7%~15%です。残念ながら「ドトールカード」での支払いには、dポイント付与対象外となります。

では、本題のポイント還元おすすめランキングを見てみましょう。

 

1位 ドトールカード 7~15%

2位 PayPay 2%

3位 d払い 2%

3位 楽天ペイ 2%

3位 auPAY 2%

4位 モバイルSuica 2%

 

1位 ドトールカード

第1位は、還元率7~15%の「ドトールカード」での支払いです。

店舗で300円の発行手数料が必要ですが、300円分のポイント付きなので実質無料です。

カードを店舗発行した後は、ドトール公式アプリに連携してクレジットチャージができる優れモノです。

ドトールカード利用時のポイント付与は次のとおりです。

ポイント還元のしくみ

  1. クレジットカードでチャージ
    ・クレジットカードポイント(1%)
     (還元率1%のクレジットカードの場合)
  2. "2,000円以上"のチャージ
    ・ドトールカードポイント(5%)
  3. ドトールカードで決済
    ・ドトールカードポイント(1%)

と通常時でも合計還元率7%です。

さらに還元率の最大化を図るには次の条件をクリアしましょう。

還元率の最大化

  1. dカードでチャージ
    ・クレジットカードポイント(4%)
  2. ドトールカードのランクをアップさせる
    ・ゴールドランクの場合(7%)
    ・プラチナランクの場合(10%)
  3. ドトールカードで決済
    ・ドトールポイント(1%)

◆dカードでチャージ
「dカード」で「ドトールカード」にクレカチャージするだけで通常1%+特約ボーナス3%=合計4%のdポイントが貯まります。

◆ドトールカードのランクアップ
年間の購入金額に応じてランクアップします。チャージポイント付与率が最大10%まで上がります。

ランク 条件 還元率
シルバー 初期ランク 5%
ゴールド 年間の購入金額2万円以上 7%
プラチナ 年間の購入金額5万円以上 10%

・集計期間
毎年9月16日から翌年9月15日の購入金額が対象となり、10月1日から適応になります。

◆ドトールカードポイント(チャージ)
ドトールカードに2,000円以上をチャージ
2,000円=100ポイント
※シルバーランクの場合

◆クレジットカードポイント(チャージ)
クレジットカードでドトールカードにチャージ
2,000円=20ポイント
※還元率1%のクレジットカードを使用した場合

◆ドトールカードポイント(決済)
ドトールカードで決済
100円=1ポイント

必要なモノ

  • ドトールカード
  • マイドトール会員登録
  • 還元率1%以上のクレジットカード
    [推奨:dカード(さらに+3%ボーナス)]

2位 PayPay

第2位は、還元率2%の「PayPay×PayPayカード」または「PayPayあと払い」での支払いです。

ヤフーカードの新ブランド「PayPayカード(旧Yahoo!JAPANカードも含む)」を「支払い方法に設定」することで合計還元率が2%となります。(PayPaySTEPにより最大3%)

◆dポイント(来店)
支払い前にdポイントカードを提示
200円(税込)=1ポイント

◆PayPayポイント(決済)
PayPayで決済
200円=1ポイント

◆PayPayポイント(決済)
PayPayに紐付けた「PayPayカード」で決済
または「PayPayあと払い」
100円=1ポイント
※本キャンペーンは2022年6月30日まで
(ポイント付与上限:月2500P/25万円相当の買い物)

必要なモノ

  • dポイントカード
  • PayPayアプリ
  • PayPayカード
    (または「あと払い設定」)

3位 楽天ペイ

第3位は、同率の還元率2%で「楽天ペイ」「d払い」「au Pay」の3つがランクインです。

まずは、「楽天ペイ」の詳細から見てみましょう。

◆dポイント(来店)
支払い前にdポイントカードを提示
200円(税込)=1ポイント

◆楽天ポイント(チャージ)
楽天カードで楽天キャッシュをチャージ
200円=1ポイント

◆楽天ポイント(決済)
楽天ペイで決済
100円=1ポイント

必要なモノ

  • dポイントカード
  • 楽天ペイアプリ
  • 楽天カード

同率3位 d払い

続いて同率3位の「d払い」の詳細を確認していきましょう。

※本サイトでは、d払いアプリに紐付けるクレジットカードを「dカード」とした還元率です。

◆dポイント(来店)
支払い前にdポイントカードを提示
200円(税込)=1ポイント

◆dポイント(決済)
d払いで決済
200円=1ポイント

◆dポイント(決済)
d払いアプリに紐付けた「dカード」で決済
100円=1ポイント

必要なモノ

  • dポイントカード
  • d払いアプリ
  • 還元率1%のクレジットカード
    (推奨:dカード)

同率3位 auPAY

続いて同率3位の「au Pay」について詳細を確認していきましょう。

※本サイトでは、チャージに使用するクレジットカードを「auPayカード」として還元率です。

◆dポイント(来店)
支払い前にdポイントカードを提示
200円(税込)=1ポイント

◆Pontaポイント(チャージ)
auPayカードでauPayアプリにチャージ
100円=1ポイント

◆Pontaポイント(決済)
auPayで決済
200円=1ポイント

必要なモノ

  • dポイントカード
  • auPayアプリ
  • 還元率1%のクレジットカード
    (推奨:auPayカード)

4位 モバイルSuica

第4位は、還元率2%の「モバイルSuica」での支払いです。

還元率2%を得るために「ビックカメラSuicaカード」が必要になります。1回でも使用があれば年会費が無料となりますが、使用がない場合に年会費524円が必要です。

電車通勤をされている場合、年間に1回以上のチャージが必須です。年1回利用は問題なくクリアできます。

通常、チャージ還元率が良いといわれるクレジットカードが1%であることから「ビックカメラSuicaカード」の還元率1.5%は筆者的にはおすすめです。

※ビックカメラSuicaカードをSuicaチャージ以外で使用する際の還元率は1%です。

◆dポイント(来店)
支払い前にdポイントカードを提示
200円(税込)=1ポイント

◆JREポイント(チャージ)
ビックカメラSuicaカードでSuicaにチャージ
100円=1.5ポイント

必要なモノ

  • dポイントカード
  • ビックカメラSuicaカード
  • モバイルSuicaアプリ

オリジナル特典

ドトールのオリジナル特典を賢く利用してお得感をゲットしましょう。

dカード特約店

ドトール×dカードの特約ボーナスで「ドトールバリューカード」に「dカード」でクレジットチャージをすると、通常1%が⇒4%に!お得に「dポイント」が貯まります。

ドトールのまとめ

「ドトールバリューカード」の破壊力バツグンな還元率が、他のキャッシュレス決済を圧倒しています。

ドトールバリューカードの利用実績で還元率が変動する「ランク制度」で、一番下のランク「シルバーランク」であっても合計還元率7%です。

また、チャージに使用するクレジットカードを「dカード」にするだけで+3%です。合計還元率10%は圧巻です。

チャージで付与されるポイントは1回チャージあたり2,000円以上のチャージが必要になりますので注意です。※1,000円のチャージでは、ドトールポイントは付与されません。

ドトールの極の道

  • ドトールカード払いが王道
  • ドトールカードへのチャージは「dカード」
  • dポイントアプリのドトールクーポンを確認
  • PayPayクーポンが配布されているか確認
    (支払い方法がPayPayの場合)

-カフェ

error: Content is protected !!

© 2022 節約人間