本・ゲーム・CD

TSUTAYA(ツタヤ)でポイント稼ごう!還元率!おすすめ3選

買い物先ごとにポイント還元率をランキング方式でご紹介するサイトです。

今回は「TSUTAYA(ツタヤ)」でのお会計で相性ピッタリな支払い方法をランキングしていきます!

利用可能なキャッシュレス

ツタヤで利用できるキャッシュレス決済は次のとおりです。

※一部店舗で利用ができない場合があります。

PayPay LINE Pay 楽天Pay d払い
× ×
au Pay メルペイ iD QUICPay
×
Suica 楽天Edy nanaco WAON
× ×

◆その他の情報

クレジットカード 使用可能「〇」
独自ポイント Tポイント
来店ポイント Tポイント
[200円=1P]
公式アプリ あり
主なアプリ
機能
・在庫検索
・モバイルTカード
・クーポン
アプリダウンロード
おすすめ度
[5点満点/2点]

 

高い還元率!おすすめ3選

ツタヤでは、来店ポイントに「Tポイント」が還元率0.5%(200円=1P)が付与されます。さらにキャッシュレス決済のポイントと合わせてダブル付与になります。

では、本題のポイント還元おすすめランキングを見てみましょう。

 

1位 LINE Pay 還元率3.5%

2位 auPAYプリペイド 2%

3位 モバイルSuica 2%

4位 クレジットカード 1.5%

 

おすすめ1位

第1位は、還元率3.5%の『LINE Pay(チャージ&ペイ)』での支払いです。

LINEポイントクラブで「プラチナランクであること」さらに「Visa LINE PayクレジットカードをLINEアカウント紐付け」が必須となります。

ゴールドランクであっても還元率2.5%は立派です。

◆Tポイント(来店)
支払い前にTポイントカードを提示
200円=1ポイント

◆LINEポイント(決済)
LINE Pay(チャージ&ペイ)で決済
100円=3ポイント

必要なモノ

  • Tポイントカード
  • LINE Pay
  • Visa LINE Payクレジットカード

おすすめ2位

第2位は、還元率2%の「auPAYプリペイドカード」での支払いです。(以前はauWALLETと呼ばれていたモノです)

QRコード決済の「auPay」が主流な現在では、こちらのプリペイドカードは、ややマイナーですが、auPAYが使用できない店舗において活躍します。

プリペイドカードは、MasterCard加盟店舗であれば、基本的にどこでも利用可能です。会計時に『クレジットカードでお願いします』と店員さんにカードを渡しましょう。

※本サイトでは、チャージに使用するクレジットカードを「auPayカード(クレジットカード)」の還元率です。

auPayプリカ発行の条件

「auユーザーである」 or「じぶん銀行口座を保有している」のいずれかが条件です

◆Tポイント(来店)
支払い前にTポイントカードを提示
200円=1ポイント

◆Pontaポイント(チャージ)
auPayカード(クレジット)でauPayプリペイドにチャージ
100円=1ポイント

◆Pontaポイント(決済)
auPayプリペイドカードで決済
200円=1ポイント

必要なモノ

  • Tポイントカード
  • auユーザー or じぶん銀行口座
  • auPayプリペイドカード
  • チャージポイント付与対象クレカ
    (推奨:auPayカード)

おすすめ3位

第3位は、還元率2%の『モバイルSuica』での支払いです。

還元率2%を得るために「ビックカメラSuicaカード」が必要になります。1回でも使用があれば年会費が無料となりますが、使用がない場合に年会費524円が必要です。

電車通勤をされている場合、年間に1回以上のチャージが必須です。年1回利用は問題なくクリアできます。

通常、チャージ還元率が良いといわれるクレジットカードが1%であることから「ビックカメラSuicaカード」の還元率1.5%は筆者的にはおすすめです。

※ビックカメラSuicaカードをSuicaチャージ以外で使用する際の還元率は1%です。

◆Tポイント(来店)
支払い前にTポイントカードを提示
200円=1ポイント

◆JREポイント(チャージ)
ビックカメラSuicaカードでモバイルSuicaにチャージ
100円=1.5ポイント

◆注意点
Suicaで決済してもポイントは貯まりません。「Suica決済でポイント店舗」ではない『TSUTAYA』では、Suica決済が使用できるが、決済でJREポイントは付与されません。付与対象は、チャージに使用するクレジットカードのポイントのみです。

必要なモノ

  • Tポイントカード
  • ビックカメラSuicaカード
  • モバイルSuicaアプリ

おすすめ4位

第4位は、還元率1.5%の『還元率1%のクレジットカード』での支払いです。

「LINE Pay」を使っていない。新しいクレジットカード「モバイルSuica」を作るのが面倒。「auPAYプリペイド」の準備が面倒。という場合での支払いです。

来店ポイントの「Tポイント(還元率1%)」と合わせて合計還元率1.5%となります。

オリジナル特典

ツタヤのオリジナル特典を賢く利用してお得感をゲットしよう!

サブスクリプション

TSUTAYAの主なサブスクリプションのサービスは3つです。

主なサブスク

  • TSUTAYA DISCAS(定額レンタル8)
  • TSUTAYA TV
  • TSUTAYAプレミアム

それぞれの違いは、次の図のとおりです。

借り放題(旧作) 借り放題(新作) 動画(旧作) 動画(新作)
TSUTAYA
プレミアム

(店舗訪問)
× ×
TSUTAYA
TV
× ×
(動画ポイント1100P)
定額レンタル8
(宅配)

(月/8本まで)
(宅配)
× ×
TSUTAYA TV
定額レンタル8
(パック)

(宅配)

(月/8本まで)
(宅配)

(動画ポイント1100P)

◆TSUTAYAプレミアム(月額/1100円税込)
店舗で「旧作のDVDとブルーレイ」が借り放題です。宅配サービスではありません。

また、TSUTAYA TV(動画)の「旧作」が見放題になります。

さらに、TSUTAYAプレミアム会員限定の「プレミアムクーポン」が意外に使えることに驚きます。国内外20万か所の施設を優待価格で利用できます。その一例は次のとおりです。

優待価格の一例

  • MOVIX&松竹映画館 1800円⇒1300円
  • お好み焼 道頓堀 会計10%OFF
  • 白木屋・魚民・笑笑 会計10%OFF
  • 山内農場・塚田農場 会計10%OFF
  • ユーキャン受講料10%相当の「VJAギフトカード」

居酒屋チェーンで「会計10%OFF」を月に数回利用すれば「サブスク費用」をあっという間に回収できます。その他の店舗の優待価格の詳しい情報は、TSUTAYAプレミアムの公式サイトで確認ができます。

「TSUTAYAプレミアム」は、新作・話題作を重要視する場合は不向きですが『旧作で十分』『大手居酒屋をよく利用する』場合にオススメです。

また「動画見放題にない旧作」を「店舗の旧作コーナーにあれば借り放題」です。

◆TSUTAYA TV(月額/1026円税込)
動画(旧作)10000タイトル・新作や話題作4500タイトルを自前の端末(スマホ・PC)で鑑賞できます。

旧作は見放題。新作・話題作は毎月付与される「動画ポイント1100pt」を利用して観られます。1本あたり「500pt程度」なので2本といったところです。

店舗に訪問する必要がある「TSUTAYAプレミアム」と違い『お家で完結型』がオススメな点です。

TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV

TSUTAYA TV

◆TSUTAYA DISCAS定額レンタル8(月額/2052円税込)
作品490000タイトルのDVD・ブルーレイ・CDを家に宅配するレンタルサービスです。1回の宅配は2枚までで、「新作」「まだまだ話題作」「旧作」を月間に8本まで可能です。さらに月間8本借り終えた後、『旧作』は借り放題です。

したがって、毎月8本までは「新作」を優先的に借りた方がお得です。

TSUTAYA TVの「見放題作品が1万タイトル」「動画ポイントを使うレンタル作品が4万5000タイトル」に対して『定額レンタル8は約9倍の49万タイトル』である点がオススメです。観たい映画が『TSUTAYA TVにない場合でも「定額レンタル8」なら探せる確率がぐーんと上がります』

◆定額レンタル8とTSUTAYA TVパック(月額2659円税込)
パックで申込むと、お得価格です。通常3078円のところ、パックで申込みと419円割引きで2659円になります。

TSUTAYA TV

TSUTAYAのまとめ

「Amazonプライムビデオ」「ネットフリックス」「Hulu」「dTV」など、さまざまな動画配信サービスがある中で、わざわざ「TSUTAYAのサブスク」を利用する価値はないという口コミも多くあることは事実ですね。

しかしそれは、配信動画を手軽に家で観ることに対しては、確かにそうかもしれません。「TSUTAYAのサブスク」の最大の魅力は、店舗にあるDVDなら全て借りられる点です。

出かけて借りる必要がない動画配信サービスは、とても便利ですが、ピンポイントで観たい動画が配信されていなければ、結局のところ有料ダウンロードや、店舗に借りに行くことになります。

新作映画を月に5~8本程度、視聴する生活スタイルによっては「TSUTAYAのサブスク」は、穴場かもしれません。

-本・ゲーム・CD

© 2021 節約人間