ハンバーガー

マクドナルドでポイント稼ごう!還元率!おすすめ3選

買い物先ごとにポイント還元率をランキング方式でご紹介するサイトです。

今回は「マクドナルド」でのお会計で相性ピッタリな支払い方法をランキングしていきます!

利用可能なキャッシュレス

マクドナルドで利用できる主なキャッシュレス決済は次のとおりです。

※一部店舗で利用ができない場合があります。

PayPay LINE Pay 楽天Pay d払い
× × × ×
au Pay メルペイ iD QUICPay
× ×
Suica 楽天Edy nanaco WAON

◆その他の情報

クレジットカード 使用可能「〇」
独自ポイント なし
来店ポイント あり※1つ選択性
[100円=1P]
・楽天ポイント
・dポイント
公式アプリ あり
主なアプリ
機能
・アプリ注文
・クーポン
・楽天ポイントカード連携
・dポイントカード連携
アプリダウンロード
おすすめ度
[5点満点/3点]

 

高い還元率!TOP3

マクドナルドでは、来店ポイントに「楽天ポイント」か「dポイント」のどちらか一方を選んで付与されます。還元率は、どちらも1%(100円=1P)なので、普段から貯めている方を選択しましょう。

さらにキャッシュレス決済のポイントと合わせてダブル付与になります。

公式アプリを使ったモバイルオーダーであれば『LINE Pay』が利用可能です。LINE Payの活用方法については、下の方で詳しく解説させてください。

では、本題のポイント還元おすすめランキングをみてみましょう!

 

1位 三井住友カード 還元率3.5%

2位 モバイルSuica 2.5%

3位 楽天Edy 2%

番外 LINE Pay 3%

 

おすすめ1位

第1位は、還元率3.5%の『三井住友カード』での支払いです。

『三井住友カードを使うといつでもポイント5倍』の特典になります。5倍という数字ですが、三井住友カードの基本還元率0.5%×5倍なので2.5%です。

注意点は、『三井住友カード』は基本的に年会費が必要なカードです。既に持っている場合は問題ありませんが、新規でカードを発行する際には、マクドナルドの使用頻度や三井住友カードの他の特典がご自身にマッチするかをよく検討してください。

また、カード発行会社が「三井住友」のカードが全て対象ではありません。例として「AmazonMasterCard」や「Visa LINE Payクレジットカード」も三井住友のカードですが、対象外なのです。

対象カードの確認は「三井住友カード公式サイト/対象カード一覧(+)」をクリックして確認できます。

◆楽天ポイント or dポイント(来店)
支払い前にどちらかのポイントカードを提示
100円=1ポイント

◆Vポイント[通常ポイント](決済)
三井住友VISAカードで決済
200円=1ポイント

◆Vポイント[特典ポイント](決済)
三井住友VISAカードで決済
200円=4ポイント

※iD、ApplePay、GooglePay、Visaタッチいずれの方法で決済しても対象となります。

必要なモノ

  • 楽天ポイントカード or dポイントカード
  • 三井住友カード

おすすめ2位

第2位は、還元率2.5%の『モバイルSuica』での支払いです。

還元率2.5%を得るために「ビックカメラSuicaカード」が必要になります。1回でも使用があれば年会費が無料となりますが、使用がない場合に年会費524円が必要です。

電車通勤をされている場合、年間に1回以上のチャージが必須です。年1回利用は問題なくクリアできます。

通常、チャージ還元率が良いといわれるクレジットカードが1%であることから「ビックカメラSuicaカード」の還元率1.5%は筆者的にはおすすめです。

※ビックカメラSuicaカードをSuicaチャージ以外で使用する際の還元率は1%です。

◆楽天ポイント or dポイント
支払い前にどちらかのポイントカードを提示
100円=1ポイント

◆JREポイント(チャージ)
ビックカメラSuicaカードでモバイルSuicaにチャージ
100円=1.5ポイント

◆注意点
Suicaで決済してもポイントは貯まりません。「Suica決済でポイント店舗」ではない『マクドナルド』では、Suica決済が使用できるが、決済でJREポイントは付与されません。

付与対象はチャージに使用するクレジットカードのポイントのみです。

必要なモノ

  • 楽天ポイントカード or dポイントカード
  • ビックカメラSuicaカード
  • モバイルSuicaアプリ

おすすめ3位

第3位は、還元率2%の『楽天Edy』での支払いです。

nanaco、WAONも同率で2%の還元率が得ることができますが、来店ポイントとキャッシュレス決済ポイントを「楽天ポイント」にまとめることが出来る点で3位にランクインです。

※本サイトでは、チャージに使用するクレジットカードを「楽天カード」とした還元率です。

◆楽天ポイント or dポイント
支払い前にどちらかのポイントカードを提示
100円=1ポイント

◆楽天ポイント(チャージ)
楽天カードでEdyにチャージ
200円=1ポイント

◆楽天ポイント(決済)
楽天Edyで決済
200円=1ポイント

必要なモノ

  • 楽天ポイントカード or dポイントカード
  • Edyカード(Edy一体型楽天カードも可)
  • 楽天カード
  • おサイフケータイアプリ
  • 楽天Edyアプリ(android)

オリジナル特典

マクドナルドのオリジナル特典を賢く利用してお得感をゲットしよう!

クーポンの利用

マクドナルドの割引きクーポンがさまざまなアプリであります。その代表的なクーポンを発行しているアプリは次のとおりです。

  1. マクドナルドの公式アプリ
  2. グノシー
  3. スマートニュース
  4. LINEクーポン

電子クーポンとキャッシュレス決済は併用が可能です。オーダーしたい商品のクーポンがある場合、逃す手はないです。

公式アプリ

マクドナルド公式アプリでは、モバイルオーダーというサービスがあります。

商品を事前注文し、自身で指定した店舗で受け取ることができます。テイクアウトでもイートインどちらも利用可能です。公式アプリクーポンの併用もできます。

このモバイルオーダーをした場合に限り、支払い方法に「LINE Payが利用可能」になります。ここで一度、支払い方法について整理させてください。

店内オーダーの場合

  • 「電子マネー(Edy・Suica・nanacoなど)・クレカ」が利用可能
  • 「LINE Payは利用できない」

が店舗オーダーの場合です。

モバイルオーダーの場合

  • 「LINE Pay or クレジットカード」が利用可能
  • 「電子マネー(Edy・Suica・nanacoなど)は利用できない」

がモバイルオーダーの場合です。

また、残念ながらモバイルオーダーでは、来店ポイントの『楽天ポイント or dポイント』が付与対象外になります。

では、LINE Pay × モバイルオーダーを積極的に活用したいシチュエーションは次の通りです。

モバイルオーダーの極意

  • 三井住友VISAカードを持っていない
  • 楽天ポイント・dポイントを貯めていない
  • LINEポイントを貯めている
  • LINEランクが「プラチナである」
  • LINEランクをアップさせたい

◆LINEポイント(決済)
LINE Paya(チャージ&ペイ)で決済
100円=3ポイント

◆注意点
モバイルオーダーには来店ポイント(楽天ポイント or dポイント)の付与は対象外です。

必要なモノ

  • マクドナルド公式アプリ
  • LINE Payアプリ
  • Visa LINE Payクレカ

マクドナルドのまとめ

マクドナルドポイントのようなオリジナルポイントは無い代わりに、来店ポイントとして『dポイントか楽天ポイント』のどちらか一方を選択してポイントが付与されます。還元率が同じなので普段貯めているポイントを選択しましょう。

どのキャッシュレス決済を選べば良いかは「三井住友VISAカード」⇒「モバイルSuica」⇒「(楽天Edy・nanaco・WAONのいずれか)」の順番がポイント還元率的には妥当です。

電子マネーを普段から使っていない方には、還元率1%程度のクレジットカードに帯同している『iDやQUICPay』を利用すれば、来店ポイントと合わせて還元率2%です。

また、どのキャッシュレス決済を選択すれば高い還元率を得られるのか!!ばかり意識が向くところですが、マクドナルドを賢く利用する上で割引き電子クーポンを忘れてはいけません!

 

ぶだちゃん
他のハンバーガー店はどうなの?

-ハンバーガー

© 2021 節約人間